真田丸とは?その意味、由来について

Sponsored Link

真田丸とは

2016年のNHK大河ドラマのタイトルは「真田丸」。

主人公は真田幸村ですが、タイトルは「真田幸村」ではなく「真田丸」となっています。

この真田丸というのは関が原の戦いで勝利した徳川家康が、ついに豊臣家を滅ぼすために仕掛けた戦である大坂の陣の際に使われた、真田側の出城(砦)のことです。

 

城には本丸とか、二の丸、三の丸など、いくつかの曲輪がありますが、そうした呼び名と同じ意味で真田丸と呼ばれたのです。

 

「真田丸」というタイトルには、この出城としての「真田丸」以外に真田家を一艘の船に見立てた面も含めているようです。

戦国時代と言う荒海を渡っていく真田家と言う一艘の船、それを真田丸とも見なしているのです。

 

では、そもそも出城としての真田丸というのはどういうものだったのでしょうか?

当時、大阪城と言うのは豊臣秀吉が力を注いだ難攻不落の名城として知られていました。

大きな川に囲まれ、堀も深く、石垣も堅固な大阪城。

いくら戦上手の徳川家康といえども、そう簡単に落とせる城ではありませんでした。

 

しかし、この大阪城にも一か所弱点がありました。

それは城の南の部分で、南からの攻撃に対しては弱かったのです。

南には平らな大地が拡がっているため、攻めるほうからは攻めやすいのに、防御は空堀だけだったと言います。

それを知った真田幸村はこの南の平野口に真田丸と呼ばれる出城を築いたのです。

この出城はまさに大阪城の陣地から見れば、外部に突出した形となっており、敵の正面に陣取っている感じでした。

長さは180メートルほどで、三重の柵で囲っていたそうです。

一見、敵の攻撃の格好の的にしか見えない、この出城。

 

しかし、大坂冬の陣の際、この真田丸に攻めかかった多くの徳川方の軍勢が大打撃を受けました。

この真田丸の構造ですが、甲州流の築城術に基づいて作られていたようです。

元々、武田家に仕えていた真田家にとって武田流の戦術はその奥底まで精通していたのです。

この真田丸ですが、実際の形はいわゆる丸馬出と呼ばれるものだったようです。

丸馬出は丸い馬出ということで、半円形の形をしており、外部の堀は三ケ月型になってました。

甲州、つまり甲斐の武田氏の城の多くにこの丸馬出があったようです。

馬出にはこの丸型の他に角型の角馬出もありました。

この敵陣に突き出たような位置にある真田丸で敵をおびき寄せた幸村はその軍略を如何なく発揮したのです。

大坂冬の陣の激戦地がこの真田丸だったわけです。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link


このページの先頭へ