真田丸の場所と跡地について、最寄り駅情報

Sponsored Link

真田丸 跡地 場所

真田幸村が豊臣家の存亡をかけて徳川家康と戦った大坂冬の陣。

この戦いが繰り広げられた場所こそ、真田丸なのです。

大坂冬の陣の際、徳川軍は大阪城の四方を20万の大軍でぐるりと取り囲みます。

南の茶臼山には徳川家康が本陣を敷いて陣取ります。

一方の豊臣方は大阪城に籠城しますが、浪人衆を主力にした約10万の軍勢です。

数では劣っていても、堅固な大阪城に籠っての籠城戦。

簡単には落とせる気配はありません。

 

そんな中で、大阪城の弱点と言われる南の平野口に築かれたのが真田の出城である真田丸です。

真田丸のあった場所は現在の大阪市天王寺区真田山町、あるいは餌差町であったと推定されています。

真田の名前が地名にも残っているわけですね。

しかし、実際の正確な場所に関しては不明と言うのが現状です。

多くの専門家、アマチュア研究者が真田丸の位置を特定しようと頑張ってますが、なかなか難しいようです。

 

もう大阪冬の陣から400年の月日が過ぎ去っています。

堅固な城ではなく、急ごしらえの出城であったわけですから、上記の大体の場所しかわからないのも仕方がないかもしれません。

一般的な通説としては、明星高校のグラウンドがある付近が最も有力視されているようです。

この明星高校のある場所と、その東隣の心眼寺というお寺のあるあたりも含めれば、大きく外れることはないと考えて良いでしょう。

因みに、この心眼寺というのは江戸時代に真田幸村とその子息、大助の菩提を弔うために建立された寺だそうです。

それを考えると、ますますこの辺りが怪しいと言えそうですね。

 

真田丸の前には篠山という小山があり、その小山を挟んで徳川方と対峙していました。

真田丸の正面には前田利常が1万を超える軍勢で陣取り、それ以外に、南部利直・松倉重政・榊原康勝などの諸将が数千の兵を率いて陣取ってました。

それに対して、幸村が指揮していたのはわずか5千の軍勢だったようです。

数の上では圧倒的に劣勢な真田勢でしたが、見事に前田勢など徳川方を撃破して翻弄したのです。

 

真田の息吹を感じたい人は是非、真田丸の推定値付近を訪問してみるのも良いと思います。

実際に行くと、大阪城との位置関係などよくわかると思います。

場所は明星高校を目印にして訪問すれば迷うこともないでしょう。

最寄り駅としては地下鉄、JRの玉造駅、近鉄の上本町駅、あるいは地下鉄の谷町六丁目駅などがあり、いずれも徒歩10分前後で行くことが出来ます。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link


このページの先頭へ