真田幸村が本名(真田信繁)とは違う理由について

Sponsored Link

真田信繁 真田幸村 違い

関ヶ原の戦いで負けた西軍の豊臣方。

それ以後、滅びゆく豊臣家を最後まで支え続けた智将、真田幸村。

判官びいきの日本人にとって、江戸時代の頃から既にスーパースターだったと言えますね。

猿飛佐助や霧隠才蔵と言った真田十勇士の活躍する物語はかなり以前に成立したようです。

 

さて、そんな真田幸村ですが、その幸村と言う名前が本名ではないことをご存知ですか?

歴史上の人物としては真田信繁(さなだ のぶしげ)というのが本名なのです。

でも、ほとんどの人は真田信繁ときいても「誰それ?」という反応だと思います。

戦国IXAなどゲームをやっている人はご存知かもしれません。知らないでゲームをしている人もいるかもしれません。

それほど、幸村と言う名前が定着してしまっているのです。

真田幸村と真田信繁の名前の違いは何なのでしょうか。

 

実はあの水戸黄門で有名な水戸光圀が既に幸村と呼ぶのは間違いだと指摘しています。

つまり、江戸時代の初めには既に幸村と一般に呼ばれるようになっていたことがわかります。

 

真田信繁が幸村と呼ばれた理由

さて、それでは何故、信繁は幸村と呼ばれるのか?

名前が違う理由についてはいくつかの説がありますが、実ははっきりしていません。

ひょっとすると、信繁自身が幸村と自称した可能性もあるのです。

大阪城に入城後に、自らを幸村と名乗った可能性は否定できません。

そのため、幸村と言う名前がまったく根拠がないと完全否定することは難しいのです。

当時は今と違って名前を変えることは別に珍しいことではなかったようで、生涯の間にいろんな名前で呼ばれることもよくあったのです。

ですから、ある時期、信繁は幸村と呼ばれていた可能性を否定することはできません。

さて、ここで幸村と言う名前が本名ではないと言える理由をいくつか載せておきます。

 

先ずは書状です。

当時の文書には自分の名前を署名する習慣があったのですが、その直筆書状に幸村と書かれたものはありません。

また、幸村と書かれたものは、幸村が戦死した大阪夏の陣以後のものしかないのです。

ただ興味深いのは、先ほどの水戸光圀の発言にもあるように、幸村と言う名称が死後、100年ほどの間に広がって定着している点です。

まだ幸村を見たことがある人が実在している時点で、そうした架空の名前が拡がったことになります。

実は江戸幕府がこの点について、19世紀の初めごろ幸村の兄が初代藩主を務めた信州松代の真田家に問い合わせをしています。

そのさい、真田家からは「信繁」と把握していると回答しています。

そして「幸村」と言う名称は大阪城に入った後に名乗ったのだろうと述べています。

時代が降る証言とはいえ、血筋的な点から考えても興味深い発言ですね。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link


このページの先頭へ