軍師官兵衛43話感想 黒田如水(法名)の出家理由と背景

Sponsored Link

「黒田如水はこうやって生まれた!大きな危機を脱した官兵衛に拍手!」

 

本日の軍師官兵衛のタイトルは「如水(じょすい)誕生」。

 

石田三成は官兵衛を讒言により罠にはめた。

秀吉から蟄居を命じられ、切腹の可能性すらある絶体絶命の危機。

そんな中で出家し、如水と名乗った官兵衛。

秀吉の正室、おねの策もあり、辛くも死罪は免れた。

 

官兵衛が如水と名乗っていたこ とは知ってましたが、如水誕生にこんな事情があったのですね。

わりと日本の歴史的有名人は出家することが多いものです。

因みに武田信玄の「信玄」や上杉謙信の「謙信」も出家した後の法名なんですよね。

如水と言うのも、ありふれた出家の一つかと思ってましたが、そうではなかったことがわかりました。

 

それにしても、今回は本当に危なかった。

今や天下を握り、誰も止められるものがいない秀吉。

その秀吉の威を借る三成の存在。

こんな状態になってしまうと秀吉自身が本当に危険な存在になっていることがわかります。

 

今回、関白秀次(中尾明慶)に魔の手が伸びていましたが、この悲劇にしても、結局は秀吉の我が子可愛さから起こる身勝手さが引き起こしたものです。

天下 を握ると人間はこうまで変わるものなのでしょうか。

何だか哀しい人間の性を見せつけられたような回でした。

 

ところで、悪鬼のような竹中直人の存在は今やこの番組を支える柱の一つという感じです。

秀吉が死去した後は徳川家康(寺尾聰)がそれに代わることになるのでしょうが、寺尾聰がどこまでその演技を頑張れるか、そこも実は密かに期待しています。

今回は家康が長政や福島正則へ触手を伸ばしているシーンもありました。

ちょっと側近の目の動きが無駄にいやらしい感じがしましたが。。。

後の関が原を考えると興味深いシーンですね。

あ、ちょっと話が先走りすぎましたね。

 

さて、今回から官兵衛は出家してボーズ頭になりましたが、結構、似合いますね。

何だか貫録も増したように思います。あれはカツラなのでしょうか、それとも本当に剃ったのでしょうか。

最近V6として出演したミュージックステーションでは普通の髪だったので、おそらくカツラ、特殊メイクなんだと思います。

演技は上手で、岡田准一の評価もますます高まりそうに思います。

 

これからは天下が二つに分かれて争う関が原に向けた人間関係が面白くなってきそうです。

ますます軍師官兵衛からは目が離せませんね。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link


このページの先頭へ