軍師官兵衛44話感想 小早川隆景の最期

Sponsored Link

「秀吉のXデーが迫る!老いた老人に引っ掻き回される悲劇からいつ解放されるのか?」

 

本日の軍師官兵衛のタイトルは「落ちゆく巨星」。

 

この巨星と言うのは、もちろん太閤秀吉のことです。

判断力も鈍り、失禁するほど老いた秀吉。

自分の甥である豊臣秀次を謹慎させ、やがて切腹を命じます。

それどころか、秀次の妻子をことごとく虐殺。

最早、常軌を逸している感じです。

これもすべて、我が子、秀頼のために行っているわけです。

この秀頼、番組中ではほのめかす程度ですが、淀君と石田三成との不倫の末の子供と言う感じで描かれています。

まあ、実際もそんなところだと思います。

女好きで有名な秀吉は、多くの側室を持ちましたが、誰も懐妊しません。

そんな中で淀君だけが二度も懐妊…

まあ、普通に考えてもオカシイですよね。

しかし、自分の子だと盲信しているわけです。

そう考えると、なんだか秀吉が可哀想です。

さて、明からの返答に激怒して、秀吉は懲りずにまたもや、朝鮮出兵を宣言します。

もう、一人の老人に日本中が引っ掻きまわれている感じです。

官兵衛は日本の被害を少なくするために、朝鮮行を志願します。

そんな中で官兵衛の盟友でもあった小早川隆景の命も尽きようとしています。

秀吉の命もあとわずか。

これは秀吉の周りにいる多くの者が気づいています。

そうしたXデーを皆が見守っている感じです。

この状況を見て、そろそろ徳川家康も動き出すつもりでいます。

焦点は秀吉のXデーがいつかということ。

そんな中で、無意味な挑戦での戦いを強いられる兵士はたまったものではないですね。

今回、老いた秀吉を演じる竹中直人、それに病床にある小早川隆景を演じる鶴見辰吾、それに官兵衛を演じる岡田准一。

皆、抜群に上手い演技で感嘆します。

特にさわやかなイメージがある岡田准一。

老いた時に演技は道なのか、心配していましたが、全然、違和感がありません。

まさに老いた風格すら感じさせます。

次回はいよいよXデーが描かれるのか、興味津々です。

そのとき、皆はどう動くのか、目が離せない回になりそうです。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link


このページの先頭へ