軍師官兵衛45話感想 寺尾聰(徳川家康)の右目が遂に開眼

Sponsored Link

「戦国の英雄、秀吉の死去の報に徳川家康の右目が開く!官兵衛はどう動くのか!?」

 

本日の軍師官兵衛のタイトルは「秀吉の最期」。

 

長きにわたった戦国時代を終わらせ一代で天下を統一した英雄でもある豊臣秀吉。

今回はその秀吉の最期が描かれた、ある意味、重要な回とも言えます。

 

秀吉の軍師である官兵衛も、そもそも秀吉を天下人にするために知略を尽くしたわけです。

その秀吉が死ぬわけですから、明らかに一つの時代が終わったことを思い知らされます。

この軍師官兵衛の見どころの一つが竹中直人演じる秀吉像の変遷です。

 

初期の頃の好感が持てる秀吉像から、晩年の秀吉は大きく変わりました。

我が子、秀頼かわいさで甥の豊臣秀次一族を皆殺しにしたり、無謀にも明を従わせることを目的に朝鮮に出兵したりと、多くの失策を行います。

しかし、今回は死の間際の本当に弱々しい秀吉像へ再度、変化しました。

 

あまりにも弱々しく、秀頼のことを頼む秀吉。

最早、生命が尽きかけていることは誰の目にも明らかだったと言えます。

 

そんな中で、秀頼のことを官兵衛に頼む秀吉ですが、官兵衛は拒否。

 

天下を私物化するのではなく、その器があるものが天下を握るべきという考えを主張します。

そして、秀吉が死去するわけですが、その報を聞いて、ニヤリとするのが徳川家康です。

タヌキおやじと言われた家康がついに動くことを決意します。

 

家康を演じるのは寺尾聰ですが、今回、右目が開くシーンは良い演出だったと思います。

この瞬間のために、これまで不自然と噂されていた片目をつぶっている演技が行きましたね。

 

いよいよ戦国、最後の英雄が動き出す決意が現れていて、非常に象徴的でした。

歴史上の事実としては、豊臣家が滅亡し、徳川家が天下を握り、幕府を開きます。

ここから、どのように豊臣が落ちぶれていき、徳川が勃興するのか、そんな中で黒田家はどう立ち回るのかが見どころと言えそうです。

 

そのカギになりそうな天下人の器があるものが天下を握るべきだという官兵衛の考え方は今後の展開を示唆しているように思います。

今後は各大名自体も自分たちの生き残りをかけての政治的決断が迫られるようになります。

今日の番組は静かな展開だったわけですが、まさに嵐の前の静けさだと言えそうですね。

黒田家、官兵衛は転嫁を狙うのか!?

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link


このページの先頭へ