軍師官兵衛46話感想・ネタバレ 官兵衛天下取りに動く

Sponsored Link

「ついに家康動く!そして官兵衛も天下取りに名乗りを上げるのか!?」

 

本日の軍師官兵衛のタイトルは「家康動く」。

前回のタイトル「秀吉の最期」を受けて、今回はついに動き出した家康に焦点が当たります。

 

一代の英雄、秀吉の死から時代は徳川の天下へと向かっていきます。

しかし、そう簡単に徳川に天下が転がり込んでくるわけではありません。

秀吉の死後は五大老と五奉行の合議制で政治が動くことになっています。

徳川家康は筆頭格とはいえ、五大老の一人。

同 じく大老である前田利家が睨みをきかせています。

いくら家康と言えども、単独では天下を握ることは出来ません。

いかに自分の味方を増やすかが重要になるわけです。

 

家康と対立するのは豊臣方の石田三成(田中圭)。

しかし、彼には人望がありません。

そんな中で三成は前田利家を担いで徳川に対抗しようとします。

 

秀吉の子飼いの武将たちである、黒田長政、加藤清正、福島正則らは本来、豊臣家を支える中軸になるはずです。

しかし、歴史とは面白いものです。

彼らの多くは豊臣ではなく、徳川家康につくのです。

 

そこには石田三成との対立があるからです。

朝鮮で奮戦した長政らの武将には何の恩賞もなく、不満が渦巻いています。

そして、朝鮮での行為を巡って、小西行 長と石田三成は、黒田、加藤、福島を訴え、彼らを追い落とそうとします。

それに対する恨みが石田三成に向かいます。

これを利用して、徳川は彼ら秀吉子飼いの武将を自分の陣営に取りこみます。

 

そんな危うい状況の中、前田利家が死去します。

これにより、両陣営のバランスが一気に崩れます。

長政らは石田三成を討つため兵をあげる決意をします。

しかし、それは世に乱れを生じさせようとする家康の思う壺。

 

それらの流れ見切っている官兵衛。

一体、この危機的状況の中でどう動くのか?

番組ラストでついに官兵衛は自ら天下を狙う決意を固めます。

 

いよいよ官兵衛が本気で天下を狙って動くのか?

そして、その策略は何なのか?

軍師官兵衛の最期の知略が光るときなのか もしれません。

クライマックスを迎えつつある予感がする次週以降の展開。

もう、来週以降、絶対に目が離せませんね!

 

官兵衛の天下取りに関してはあまりスポットライトが当たることはこれまでなかったと思います。

歴史好きでも、名前こそ聞いたことがあっても、なかなか関が原前に官兵衛がどう考え、どう動いたのかを

描かれることはあまりありませんでした。

わたしもそんなに知らなかったので、非常に興味深く見ています。

そして、あえて調べずに、ドラマを見るような、ストーリーを楽しむような見方をしています。

軍師官兵衛、天才の頭のキレが楽しみです。

 

あ、あとは、

後藤又兵衛が大阪夏の陣に向けて、

今後どう動いていくのかも楽しみにしています。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link


このページの先頭へ