軍師官兵衛47話感想・ネタバレ いと(高畑充希)との離縁が切ない。。

Sponsored Link

「ついに天下が動き始める!しがらみから解放された官兵衛の軍略…!?」

 

本日の軍師官兵衛のタイトルは「如水謀る」。

 

豊臣秀吉の死、前田利家の死により、天下の流動化は一気に進んだ。

天下を揺るがす大乱の予感が皆の中にくすぶる。

天下の形勢は徳川家康を軸に進んでいるのは誰の目にも明らかだった。

そんな中、官兵衛も我が道を行くことを決意する。

それは二重の意味での解放があったからだ。

一つは自分が天下人に押し上げた秀吉と言う主君が亡くなり、しがらみから解放されたことがあげられる。

 

そして黒田家当主も既に息子の長政の代になっており、自分は隠居の身となっている。

こうした二つの要因が大乱を前に官兵衛を自由にしたのです。

いよいよ官兵衛が自分の考えによって、自由に動ける状況になっているわけです。

ここにきて、軍師官兵衛が最高に面白くなってきているように思います。

やはり、戦の駆け引きと言う場面が軍師が最も活躍できる場所だということがわかります。

息子の長政は完全に徳川と命運を共にすることを決断します。

 

そのために妻のいと(高畑充希)を離縁し、家康の養女である栄(吉本実憂)を妻に迎えます。

これを見て、えーっと思った方も多いと思いますが、戦国の世ではこうしたケースもあるんですね。

仕方がないとはいえ、なんだかなぁ …と感じました。

 

ま、それはともかく、官兵衛がいよいよ本気で天下の形勢を見定めようとします。

まずは近江の佐和山で蟄居している石田三成を訪ねます。

そして、上杉挙兵、それを討つために家康が出陣、それに乗じて大阪城に入る策を語ります。

また、毛利を訪ね、当主の輝元の煮え切らない性格、豊臣に味方する安国寺恵瓊の考え、そして石田嫌いの吉川広家の考えを見定めます。

 

さて、その後、現実は官兵衛が考えた筋書き通りに動きます。

大阪城を離れた家康を討つために、石田三成は毛利輝元を総大将に担いで挙兵します。

しかし、これは三成挙兵を誘う家康の罠でもあったのです。

ついに、天下を決めるために雌雄を決するべく動き出した家康と三成の決戦。

官兵衛は両陣 営の潰しあいと、勝ち残ったほうを攻撃する策を考えているように見受けられます。

 

さあ、実際はどうなるのか。

来週まで待たないといけないのがつらいですね!

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link


このページの先頭へ