「花燃ゆ」のキャストは超豪華ですね(登場人物の紹介) 直前情報1月4日放送前

Sponsored Link

2015年のNHK大河ドラマの『花燃ゆ』は主人公の杉文役に人気女優の井上真央が起用されます。

 

花燃ゆ 井上真央

 

女性が主人公の大河ドラマは当たるというジンクス(?)があるので、すごく期待が高まっています。

井上真央と言えば、『花より男子』でブレイクして、その後、NHK朝の連続小説『おひさま』でヒロインを演じました。

NHKとは浅からぬ縁があり、そこから今回の大河のヒロインに大抜擢されたのだと推測されています。

 

さて、今回の『花燃ゆ』は豪華なキャストが話題となっています。

 

いくつか紹介してみますと、ヒロインと結婚することになる小田村伊之助、後の楫取素彦は大沢たかおが演じます。

幕末の動乱を乗り越え、明治政府においても官僚、政治家として活躍しました。

 

杉文の兄役である吉田松陰を演じるのは伊勢谷友介です。

伊勢谷は2010年の大河ドラマである「龍馬伝」においては高杉晋作を演じてました。

今度はその師に当たる松陰を演じることになります。

 

松陰門下の俊秀で杉文の最初の夫となる久坂玄瑞は東出昌大が演じます。

長州藩の尊王攘夷運動の旗頭であった玄瑞ですが、蛤御門の変で非業の最期を遂げます。

 

杉文の父である杉百合之助にはベテラン俳優の長塚京三が、

また母の杉滝には檀ふみ、

叔父の玉木文之進には奥田瑛二といった実力派がキャスティングされています。

玉木文之進は松蔭の思想の根幹を作った人物ですから、

さすがの大物配役ですね。

 

こうした実力派が脇を固めているだけに、演技も期待できます。

 

また、杉文のもう一人の兄である杉梅太郎は原田泰造、

そして姉である杉寿は優香が当てられています。

こうした人気タレントの起用は番組全体が華やぐ効果があります。

泰造さんはごちそうさんに続き、NHKへの出演です、好かれてるんですね。

ごちそうさんも好演でした。

 

さて、大河ドラマでは歴史上の有名な役どころに大物俳優や女優が当てられるのが常ですが、

今回もその例に漏れず、大御所が多数出演しています。

 

長州藩主の毛利敬親は北大路欣也が演じ、その妻である都美子は松坂慶子が出演。

他にも桜田門外の変で斃れた幕府の大老、井伊直弼を時代劇の大物スター高橋英樹が演じます。

昭和の映画やドラマの世界を背負った大御所の共演は見どころの一つと言えるでしょう。

 

また、今回の花燃ゆの前半は松下村塾を中心とした若者たちの群像が杉文との関連で描かれます。

高杉晋作、吉田稔麿、伊藤博文、前原一誠、入江九一…

こうした若い尊王の志士たちの活躍にも期待大です!

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link


このページの先頭へ