花燃ゆ1話の感想 杉文の子役(山田萌々香)が井上真央にそっくり!? あらすじネタバレ含

Sponsored Link

「花燃ゆの杉文の子役(山田萌々香)が井上真央にそっくり!?花燃ゆは今の日本に求められている番組か?」

 

今年のNHK大河ドラマの「花燃ゆ」の記念すべき第一話が始まりましたね。

ナレーターがシャア少佐(の声優さん)ということで、密かに女性ガンダムファンにも期待されていたりしますが、ナレーターのシャア少佐の声にジーンと感動 した人もいるのでは?

 

さて、今回の大河は杉文という女性が主人公。

ですがそのヒロインが歴史的には無名ということで、放送開始前から「杉文って誰?」とネットにおいても大盛り上がり!

期待と不安を持ちながら、第一回を見ましたが、すごく期待が持てそうでしたね!

ヒロイン役の井上真央に注目が集まっていますが、子供時代を演じている山田萌々香も可愛くて良かったですよね。

しかも井上真央にそっくりじゃないですか(笑)

ただ芯が通ったところは、今後のヒロインの人柄を連想させます。

 

冒頭で松下村塾を持ってきたあたり、やはり松下村塾がメインの舞台になるのかと思わせます。

大河ドラマの第一話は登場人物の紹介やそれぞれの関係を示すために、家族ドラマ風になっ たりしますが、花燃ゆの第一話も、そんな感じでした。

杉文は無名であるため吉田松陰の妹という紹介を受けることが多いわけですが、当然、前半は吉田松陰が準主役的な役柄を演じることになるのかと思ってます。

今回の話でもそうした予測をありありと感じることが出来ました。

 

それに第一話から小田村伊之助が登場しましたが、これは意外。

結構、シーンも長かったわけですが、後半の杉文との関係から考えると妥当なのかもしれません。

大沢たかおはルックスだけではなく、さすがと言う演技力でしたね。

ところで、この番組を見ながら思いましたが長州の若者が日本を動かしていくその道筋、これは元気を失った現在の日本に喝を入れることができるのではないでしょうか?

 

若さと情熱 で時代を切り開いていくこと、これが今後の日本にも求められるのではないかと思います。

花燃ゆは女性が主人公で、イケメン俳優揃いという前評判があります。

だから、女性に受けるはずという意見があります。

ですが、時代を切り開く若者群像はきっと女性だけでなく、男性、子ども、若者、年寄り、あらゆる階層に受けると思います。

それは今の日本がそうした刺激を必要としているからです。

そんな大きな視点を持ちながら第2話以降を見ていきたいと思ってます。

 

しかし、いつも大河の初回を見て思いますが、

演者と役の年齢差、ギャップに少々無理がありますよねw

人の一生を演じるわけですから、どこかに無理が出てくるのはしかたないですが、

小田村と寅次郎を見てて、おっさんだなぁ、、、と思ってしまいました。すみません。。

松蔭は29歳で生涯を終えます。

幕末の志士は本当に短い生涯の人が多いです。

なので、実際の演じる年齢も若くなることが多いです。

一方で大河の役者といえば、それなりに名前が売れた人も多く、

30代以上がメインになります。

そこにギャップがあるわけですが、

見ていくうちにどんどんなれるので、あまり気にせずに見ていくことにします。

ではでは。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link


このページの先頭へ