『花燃ゆ』の原作・脚本 2015年NHK大河ドラマ

Sponsored Link

2015年度の大河ドラマは『花燃ゆ』です。

吉田松陰の末の妹である杉文(のちの楫取美和子)を主人公とし、幕末から明治維新に至る激動の時代を描きます。

物語の主な登場人物となるのは両親、三男三女、祖母、叔父叔母からなる大家族の杉家と、杉家のすぐそばにあった松下村塾で学んでいた高杉晋作、伊藤博文、山縣有朋、久坂玄瑞といった、幕末の偉人として現代にその名を残すことになる若者たちです。

現時点で『花燃ゆ』のキャストに決定しているのは、主人公の文役の井上真央さん、文の再婚相手となる楫取素彦役の大沢たかおさん。

 

脚本を担当するのは

『早海さんと呼ばれる日』、『家で死ぬということ』、『カフーを待ちわびて』

などで知られる大島さとみさんと、

 

『六番目の小夜子』や『慶次郎縁側日記』、『マドンナ・ウェルデ』

などで知られる宮村優子さんのタッグです。

 

『花燃ゆ』に原作は存在せず、オリジナル脚本作品となります。

 

1843年に文が杉家の四女として生まれるところから物語は始まります。

次男の寅次郎(のちの松陰)は、叔父の吉田家の養子になっていましたが、叔父の死去に伴い、杉家に戻っていました。

文が8歳のとき、江戸で学んでいた松陰が脱藩の罪に問われてしまいます。

のちに杉家の次姉である寿の夫となる(そして、寿と死別後に文と再婚する)小田村伊之助(楫取素彦)から江戸に戻るよう説得を受けますが、結局松陰は士籍を剥奪されてしまいます。

その後再び江戸へ向かった松陰は、ペリーの来航を利用して密航しようとしますが失敗に終わり、投獄されます。

釈放後松陰は杉家に戻され、地元の若者に学問や世界情勢などの講義を行います。

そして、学生の1人であった久坂玄瑞と文は結婚することになります。

しかし、幕末の動乱が起こり始め、2人の夫婦生活は長くは続きません。

松陰が安政の大獄で処刑され、久坂は戦乱に身を投じていきます。

物語はこれだけに留まらず、文という1人の女性の生涯を通じて、動乱の世の中を生き抜いた人々が活き活きと描かれます。

『花燃ゆ』は2015年1月から放送開始予定です。

 

直前になって色々書籍の話もわかってきましたので、再度まとめ直しました。

そちらを参考にして下さい!

>>> 『花燃ゆ』に原作はある?脚本は?関連書籍のご紹介!直前情報1月4日までカウントダウン

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link


このページの先頭へ