『花燃ゆ』のあらすじ 2015年NHK大河ドラマ

Sponsored Link

花燃ゆを楽しむためには、事前に大方のあらすじについても確認しておきましょう。

大河ドラマは、長い期間にわたって放映されることになるため、なにも事前知識がない状態で見ることにより、途中で流れが見えなくなってしまう場合があります。

最後まで楽しむためには、事前にあらすじについて確認を行っておくとよいでしょう。

 

まず、花燃ゆでは、吉田松陰の妹を主人公に物語が進んでいくことが決まっています。

吉田松陰自体は、幕末の倒幕運動に大きな影響を与えた思想家であることは誰でも知っているのですが、肝心の妹については知らないという方も多くなっています。

ただし、吉田松陰という歴史に名を残している思想家の妹であることと、志士と結婚していたこともあり、この視点から物語が進んでいくものという見方が強くなっているのです。

物語の前半のあらすじとして、幕末関連の出来事も多く取り上げられる可能性が高くなっていますので、事前にある程度の予備知識を得ておくと、より楽しむことができるでしょう。

 

花燃ゆの主人公である杉文は、最初の夫と死別後に、藩主の世継ぎの正室の女中として生活を送ったのちに貴族院議員である男性と再婚しています。

物語の後半では、女中時代や再婚後の生活にスポットが当たることが想像できるのですが、この部分については広く知られていない部分になってきますので、新しい発見を得ることもできるでしょう。

前半の志士とのかかわりを通して世の中を見る視点から、一転一人の女性としての物語が始まっていきますので、歴史という点だけではなく一人の女性の生き方を見るという楽しみ方もできるわけです。

花燃ゆでは、主人公は決まっているものの、主要キャストが決まっていない状態ですが、キャストが決まることにより、あらすじにも影響を与えてくる部分もあるかもしれません。

これからどの俳優がだれ役を演じることになるのか、ひそかにチェックを行っておくとよいでしょう。

 

放送開始前に、再度あらすじを記事にしましたので、そちらを是非見てください!

>>> 『花燃ゆ』のあらすじはどうなってるの?幕末もの?直前情報1月4日前

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link


このページの先頭へ