『花燃ゆ』の時代背景 2015年NHK大河ドラマ

Sponsored Link

来年の大河ドラマである花燃ゆでは、一人の女性の一生を描くことが決まりました。
女性の一生というと、非常に静かで平穏なイメージがありますが、このドラマでは、女性の人生を通してその時代で起こった背景も知ることができるのです。

 

まず、ドラマでは吉田松陰の妹である杉文を主人公に充て物語が進んでいくことになるのですが、幕末といえば倒幕派、佐幕派が激しく対立していた時期でもあります。

外国の脅威が迫っていく中にあっても、正しい方向性や指導力を示すことができない幕府を倒し、新しい世の中を作ろうとするものと、幕府を主体とし外国の脅威に対応していこうとする佐幕派が激しくぶつかり合う中で、内乱が起こり明治維新まで突入していくことになります。

時代も大きく変わり目まぐるしい時代を描くことになりますので、何があったのか正しく理解できないという方も多いです。

とくに幕末には、多くの志士が登場してきますので、歴史に興味が薄かった方は、志士の名前を覚えるだけでも一苦労といったところでしょう。

花燃ゆでは、激動の時代を一人の女性を通して表現していくことになりますので、一つ一つの出来事の背景も追いやすくなってくる魅力もあります。

 

最近では、女性の方も歴史に興味を持たれていますし、過去の大河でも女性を主人公にしたものは、高い視聴率を記録しました。

花燃ゆでも女性が主人公として登場してきますので、歴史についてあまり詳しくないという方でも、その時代の背景を理解できるようになってきます。

花燃ゆでは、歴史に大きな影響を与えた長州藩の志士だけではなく、朝廷や敵対する藩についても細かく描かれていくことが予想されます。

その当時の朝廷の影響力や、敵対していた藩との考え方の相違点などについても浮かび上がってくることになりますので、歴史に興味がある男性だけではなく、なじみのなかった女性、歴史を学びたいと希望する学生にとっても意味のあるドラマになってくるでしょう。

 

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link


このページの先頭へ