『花燃ゆ』山口県萩市が舞台でロケ地にもなる

Sponsored Link

2015年に放送される「花燃ゆ」のロケ地は、山口県の萩市です。

萩市は、山口県の日本海側に面した街です。

人口は50,000人ほどで、街の規模はそれほど多くありません。

しかし、長州藩の城下町として栄えた萩市は、古くからの街並みを残しており、小京都とも呼ばれています。

過去にも、テレビドラマや小説などの舞台としてもたびたび取り上げられており、街の規模の割には全国的に知られています。

 

「花燃ゆ」のロケ地に萩市が決まったのは、ドラマの主人公が吉田松陰の妹である文だからです。

幕末から戦前に書けての萩市は、吉田松陰のほかにも、高杉晋作や木戸孝允、山縣有朋なども輩出しています。

「花燃ゆ」の作中で文が結婚することになる久坂玄瑞も萩市の出身で、作中のほとんどは萩市がロケ地になることでしょう。

ほかにも、山口県内の街が、「花燃ゆ」のロケ地として使われるかもしれません。

来年は、文が過ごした山口県萩市を訪れる観光客も、多くなるはずです。

 

萩市には、「花燃ゆ」の舞台のひとつであろう松下村塾や、吉田松陰をまつる松陰神社などがあります。

山口県萩市まで行ってみて、文の生涯の一遍に触れてみるのも良いでしょう。

「花燃ゆ」のモデルである文は、群馬県の県令である楫取素彦に嫁ぎます。

再婚後の「花燃ゆ」の舞台となるのは、群馬県になるでしょう。

 

ロケ地も萩市から群馬県へと移り、「花燃ゆ」の後半は群馬で華族の妻として暮らす文が描かれます。

群馬県が舞台なら、東京からも観光がしやすくなります。

都内からも日帰りで行くことも可能でしょうから、休日に作中に出てきた舞台をめぐることができます。

ドラマのロケ地に決まると、毎回多くの観光客が押し寄せます。

観光客が増えることで、地域経済にも大きく貢献して、全国的な知名度もアップします。

「花燃ゆ」で文が注目されるとともに、舞台である山口県萩市や群馬県がさらに注目されると、ドラマも盛り上がることになるでしょう。

 

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link


このページの先頭へ