『花燃ゆ』で採用される音楽を予想

Sponsored Link

大河ドラマは、そのストーリー性だけではなく音楽も楽しみ方の一つとなっています。

ドラマチックなストーリーも、音楽一つによって、さらに物語性を高めることになりますので、花燃ゆを見る時にはこの点についてもチェックしておくとよいでしょう。

歴代の大河の場合についても、そのドラマを象徴するような音楽が作られてきました。

オープニングから劇中で使用されているものまで、ドラマに合ったものが使用されていますので、花燃ゆについてもこの傾向が継承されるでしょう。

花燃ゆの場合、幕末の激動の時代を表現する音楽であるとともに、一人の女性の人生も表すための柔らかな旋律も組み込まれてくる可能性が高いですので、女性が見る時にもとっつきやすくなってきます。

 

最近の大河ドラマは、女性を主人公にしていたり、使用されている言葉も現代語が多くなっており、だれでも見やすいように工夫がなされています。

音楽についても、男性的なものではなく、現代のテイストを取りいれた聞きやすいものになっており、この点も高く評価されているのです。

昔から大河ドラマを観てきた方は、雄々しさのある音楽が多かった印象がありますが、最近ではその点がだいぶ和らげられていますので、気軽に楽しむこともできるでしょう。

さらに、大河ドラマでは歌手が歌いあげているオープニングを採用していたこともあり、今回は曲として流すのか、歌として仕上げるのかもチェックしてみると楽しめます。

 

通常では、曲としてオープニングで流すことが一般的になっているのですが、ドラマの中で伝えたい部分が強くある場合には、歌手を採用することもありますので、花燃ゆでも曲として採用されるのか、歌手を採用して作られるのかチェックしてみるのもよいでしょう。

花燃ゆを楽しむ時には、どのような曲が採用されるのかによっても、だいぶ印象が違ってくることを知ったうえで観てみるのもお勧めになりますし、どんな作曲家が担当するのかもチェックしてみるとよいでしょう。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link


このページの先頭へ