『花燃ゆ』キャストについて - 予測

Sponsored Link

2015年の大河ドラマ「花燃ゆ」の時代は江戸幕末。

その幕末を舞台に繰り広げられる、壮絶な時代の移り変わりを描きます。

 

主役は吉田松陰の妹で、杉家の四女である「文(ふみ)」となります。

幕末を大きく動かした思想を持った兄、吉田松陰はあまりにも有名な「天下は万民の天下にあらず、天下は一人の天下なり」という言葉を残したほどの、平等主義の持ち主であり幕末の志士達の心を大きく揺さぶったのです。

そんな兄を持ち、時代に翻弄されながらも自らの意志で強く生きる「文」目線で描かれるのが「花燃ゆ」です。

 

その大河ドラマ花燃ゆの顔となるキャスト気になるところです。

早々に発表されたのはお二人で、主役の文役を演じるのは、井上真央さん。

その夫となる人物である小田村伊之助を演じるのは大沢たかおさんとなっています。

他にも花燃ゆには幕末を支えた魅力的な人物が登場します。

 

後に日本を大きく動かす事となる高杉晋作、伊藤博文、品川弥二郎、山県有朋などまだキャストの発表はありませんが、とても気になるところです。

 

この変動の時代にスポットを当てた花燃ゆの魅力は、女性の視点から紡がれる物語です。

家族愛、兄弟愛、夫婦愛などなどから生まれる心の絆を必死に「守り支える」主人公が魅力的です。

幕末と言えば、生死を問わずに戦った男性達が中心となりがちですが、彼らの思想もさることながら、今後の時代を生きる女性や守るべき女性を想い、ひた走った背景も見え隠れします。

そんな男性陣をどう受け止め、どう守り、どう支え続けたのか、幕末を生き抜いた女性の強さに心惹かれます。

この心惹かれる物語を紡ぐ人物達をどう演じてくれるのか今後、決定する重要なキャスト陣も見逃せません。

 

ちなみに、「八重の桜」での吉田松陰役は小栗旬さんでした。

大河ドラマといえば毎年話題になりますが、この2015年大河「花燃ゆ」も類に漏れず話題沸騰中です。

ぜひ今後の制作発表などもご自身でチェックしてみて下さい。

 

1月4日放送前になりまして、ようやくキャストがいろいろ明らかになってきていますので、

新たに記事を作りましたので、是非そちらをご覧ください。

>>> 「花燃ゆ」のキャストは超豪華ですね(登場人物の紹介) 直前情報1月4日放送前

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link


このページの先頭へ