軍師官兵衛34話 九州出陣、戦と政治的な駆け引きが超面白い!

Sponsored Link

軍師官兵衛 吉川広家

本日の軍師官兵衛のタイトルは「九州出陣」。

九州は今や島津勢が破竹の勢いで進撃し、大友を倒し、九州を統一しようという勢い。

かつては大勢力を誇ったキリシタン大名、大友宗麟はなすすべもなく、豊臣秀吉に臣従して、窮地を救ってもらおうとしている状態。

秀吉は島津征伐を決めていても、何せ、東の徳川家康はいまだに大阪城に来て、臣従する気配がない。

そのため、九州に出陣ができない状況。

そこで官兵衛が毛利勢をまとめて、大友の援軍に駆けつけるのが今日の話でした、

こうした政治的な大きな背景がわかってくると番組もより面白く見れますね。

今回は官兵衛と因縁浅からぬ二人の武将が亡くなりました。

一人は蜂須賀小六(ピエール瀧)。

黒田長政の妻、いとの父親です。

秀吉に仕える古株である小六が亡くなるというのは、ますます石田三成の影響力が高まるということになるんでしょうね

そうなったら、三成と官兵衛の対立がさらに強まっていく感じがします。

今日の最後の番組予告を見ていても、そんな展開が濃厚でした。

しかも、次回の番組タイトルが「秀吉のたくらみ」。

どんな、たくらみなのか?

うーん、気になりますね!

 

さて、亡くなったもう一人 の武将は吉川元春(吉見一豊)。

小早川と共に毛利の二川として、毛利を支えた名将です。

同じ毛利家中でも、小早川隆景とは違い、兄、元春は秀吉の軍門に下るのを良しとしていません。

そのため、九州出兵も拒否。

毛利がまとまらないので、官兵衛も九州に進撃できません。

しかし、病気で死が近い元春に命の使い道を考えよと諭して、元春出陣にこぎつけます。

しかし、結局、元春は病気が悪化して九州にて死去しました。

こんな展開だったわけですが、今日は久しぶりに戦と政治的な駆け引きが前面に出た展開だったように思います。

流れるように歴史が展開していくのは見ていて素直に面白いと感じました。

ホームドラマ的なスイーツ大河もいいですが、こうした戦と政治と言う 男好みの見どころもやっぱり必要ですよね!

 

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link


このページの先頭へ