花燃ゆの登場人物について

Sponsored Link

2015年大河ドラマ『花燃ゆ』の登場人物についての紹介と個人的な人物に対する思い入れ・感想です!

 

・杉文(すぎ ふみ)

主人公は幕末の大動乱に大きな影響を与えた長州藩士、吉田松陰の妹。
松陰の門下生として著名な久坂玄瑞の妻でもあった。
久坂玄瑞亡きあと、楫取素彦と再婚する。

幕末に大きな足跡を残した松陰や玄瑞との関わりからどんな歴史像が浮かび上がるか今から楽しみです。
個人的には明るいキャラの井上真央が演じることで、すごく期待しています。

・小田村伊之助(おだむら いのすけ)

長州藩出身で後に楫取素彦と称す。
官僚、政治家として活躍した。
松陰とも知己の間柄で、松陰の妹、寿と結婚する。
寿が亡くなった後、同じく松蔭の妹で久坂玄瑞と死に別れた文(美和子)と再婚する。

幕末に超くわしい人でも、小田村伊之助と聞いて「誰?」って人が多かったんじゃないでしょうか?
でも、主人公の文から見たら、最初は義兄、その後は夫になる人です。
最初から是非、注目して見ていきたいですね。

・吉田松陰(よしだ しょういん)

吉田寅次郎という名前で活動する時間のほうが長いかもしれません。寅次郎といえばわたしの中では吉田松陰です。

長州藩士であり、思想家、教育家であった。
明治維新をけん引した思想的指導者と言え、門下生から多くの幕末の志士を輩出した。

幕府軍と全面対決をする門下生に焦点が当たりがちな幕末ものですが、今回は松陰もしっかりと描いてもらえそうなのでワクワクしています。
何といっても、長州の活動家たちの御大将なのです!

・久坂玄瑞(くさか げんずい)

長州藩士で松陰門下の俊秀。
高杉晋作と並び双璧とされた。
尊王攘夷派のリーダーであり、幕末の様々な事件に関わった。
松陰の妹、文を妻にするが、禁門の変に敗れ25の若さで自刃。

最初は高杉晋作よりも活躍していたのに、若すぎる死により、晋作に比べて知名度イマイチってのが残念…。
でも主人公、文の夫になるので、きっと久坂玄瑞にもスポットが当たるはず…。

・杉百合之助(すぎ ゆりのすけ)

長州藩士で三男四女の子を儲ける。
松陰と杉文の父親である。
杉家は家柄的には低い身分で貧しい武士だった。

松蔭はこの杉家の生まれなんです。
吉田を名乗るのは叔父の吉田家に養子に行ったからなんですね。

・杉滝(すぎ たき)

長州藩士、杉百合之助の妻。
三男四女を儲ける。
次男が吉田松陰、四女が杉文である。

松陰の母はとても優しく、子供たちに愛情を注いだと伝えられてます。
才女のイメージがある檀ふみさんが演じるとのこと、良妻賢母にピッタリな配役ですね!

・杉梅太郎(すぎ うめたろう)

杉百合之助と滝の間に長男として生まれる。
次男の吉田松陰、四女の杉文の兄。
杉家の家督を継ぐ。
息子の小太郎が松陰の吉田家を継ぐ。

梅太郎のような家督を継ぐ長男がいたからこそ、松陰も自由に動けたのかもしれないですね。
原田泰造の梅太郎役、なんとなく想像が出来て笑えてしまうのは私だけでしょうか?

・杉寿(すぎ ひさ)

杉百合之助と滝の間に次女として生まれる。
吉田松陰の妹、杉文の姉。
小田村伊之助(楫取素彦)に嫁ぎ長男、希家と次男、道明の子供2人を儲ける。

寿が小田村伊之助と結婚したので、文にとっては義兄であった伊之助。
でも、その後、文は伊之助と再婚するわけです。
事実は小説より奇なり…でも、まあ、こういうことって、昔はよくあったみたいですね。

・玉木文之進(たまき ぶんのしん)

長州藩士で教育者、兵学者。
吉田松陰の叔父。
松下村塾を開いた。
吉田松陰を厳しく薫陶する。
後の陸軍大将、乃木希典も指導している。

「松下村塾と言えば、吉田松陰が開塾!」
そう思っている人、実は叔父の文之進が開いたんですね…これ豆知識です。

・高杉晋作(たかすぎ しんさく)

長州藩士で討幕の立役者。
吉田松陰の松下村塾で学ぶ。
久坂玄瑞と並び松門の双璧とされた。
奇兵隊の創設など、幕末の大きな動きに関わった。

幕末の長州と言えば、高杉晋作は欠かせないですね!
辞世の句「おもしろきこともなき世をおもしろく」が激動の時代の駆け抜けた高杉晋作らしい句で大好きです!

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link


このページの先頭へ