真田丸の登場人物について

Sponsored Link

2016年大河ドラマ『真田丸』の登場人物についての紹介と、わたしなりの感想・思い入れをまとめましたので御覧ください。

 

・真田信繁(さなだ のぶしげ)

真田昌幸の次男。
一般的には真田幸村として知られる。
豊臣ー徳川の対決では大阪方について、奮戦。
家康をあわやと言うところまで追い込んだ悲運の名将。

圧倒的な兵力を誇る徳川相手に勝負を挑んだ真田幸村。
劣勢の豊臣に殉じた悲運の名称が主人公ともなれば、本格的な骨太の大河ドラマになりそうですね。
堺雅人が演じるとのことで、倍返しに期待する人も多いはず!

真田信繁という名前が幸村のことだと知る人は以外に少ないと思います。

わたしは戦国IXAというゲームで使ってましたが、知りませんでしたし・・・。

・竹林院(ちくりんいん)

真田信繁の妻、法名は法林院。

大谷吉継の娘、養女であったとも言う。
真田大助の母。

関が原で奮戦して敗死した大谷刑部の娘とのこと。
なんか気骨のある嫁って感じですね。
誰が演じるのか楽しみです!

・真田 幸昌(さなだ ゆきまさ)

真田幸村の嫡男。
大助という名で知られる。
父と共に大阪城に入るが、戦に敗れ自死。

まだ10代半ばの若さで死んでいった大助。
豊臣秀頼を最後まで守っていたそうです。
最後まで父、幸村と同じ思いだったんでしょうね。

・真田昌幸(さなだ まさゆき)

真田幸村の父で智将として知られる。
徳川を二度破ったことで名を上げる。
特に関ヶ原の戦いの際、徳川秀忠の軍勢を釘付けにしたことは有名。

今回、きっと幸村の父、昌幸は大きくクローズアップされるはず。
真田の武名がさらに高まるのは間違いなし!

・真田 信之(さなだ のぶゆき)

真田昌幸の息子、幸村の兄。
関が原の戦いでは徳川方につく。
信濃の大名として真田家を徳川時代まで生き残らせた。

幸村と信之、実の兄弟ながら戦わないければならなかった悲劇。
しかし、どちらが勝っても真田は残るという戦略があったのかも?

・徳川 家康(とくがわ いえやす)

織田信長、豊臣秀吉と共に三英傑の一人。
初代、征夷大将軍となり江戸幕府を開く。
真田とは因縁がある。

家康にとって真田は天敵だったんでしょうね。
真田の敵役である家康がどう描かれるかで、この大河の面白さも大きく変わりそうですね。

・大谷 吉継(おおたに よしつぐ)

越前敦賀城主で大谷刑部の名で呼ばれる。
刑部の娘を妻にしている幸村にとっては義父になる。
ハンセン病を患いながらも、関が原では奮戦。

病気が悪化、それでも輿に乗って采配を振るう姿は関が原ではよく描かれますね。
病気、小早川の裏切りで犠牲になるなど、悲運の武将でもあります。

・豊臣秀吉(とよとみ ひでよし)

織田信長の後を継ぎ、天下を統一。
関白にまで上り詰める。
豊臣時代に幸村は人質として大阪城に送られる。

豊臣家との出会いが幸村の運命を決定づけたんでしょうね。
命を懸けて秀頼を守ろうとしたのは、真田の意地もあったでしょうが、秀吉にかわいがられたのも大きいのかもしれませんね。

・豊臣 秀頼(とよとみ ひでより)

秀吉を継いで幼くして天下人になる。
しかし、徳川家康により、徐々に力を奪われ、最期は大坂夏の陣に敗れ自害。
幸村が命尽きるまで守ろうとした主君である。

二十歳そこそこで、自害に追い込まれた秀頼。
最後まで秀頼を守ろうした幸村だが力が及ばなかったわけです。
日本人はこうやって滅び行く者には同情が集まります。
真田人気の秘密はそこにあるんでしょうね。

・上杉 景勝(うえすぎ かげかつ)

上杉謙信の上杉家を継いだ。
豊臣の時代には五大老の一人。
真田家が徳川と対立したとき、上杉の支援を得るため、幸村は一時、この上杉景勝の人質になっていた。

2009年の大河ドラマ天地人では上杉家が中心に描かれました。
その時も幸村(城田優)が出てましたね。
今回はどういう描き方をするのか、その違いにも注目したいところです。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link


このページの先頭へ