軍師官兵衛38話の感想 鬱な展開、秀吉(竹中直人)の怪演が見もの。警戒される官兵衛の今後は!?

Sponsored Link

本日の軍師官兵衛のタイトルは「追い込まれる軍師」。

帰順した宇都宮鎮房を官兵衛の嫡男、長政(松坂桃李)がだまし討ちで討ち取る。

献身的に黒田家に仕えていた鎮房の嫡男、宇都宮朝房(橋本淳)も官兵衛が自ら始末した。

鎮房の娘、鶴(市川由衣)は黒田家の女性達の嘆願により、一命は救われましたが…

まあ、いずれにしても非常に鬱な展開だったことは確かですね。

黒田家のブラックな歴史が如実に 描かれてました。

しかし、こうした事態になった元凶は天下を握った豊臣秀吉にあるのは明らかです。

天下人になり、絶対的な権力を手にすると、人は変わるものなんでしょうか?

謙虚な気持ちがなくなり、自らを神のように思ってしまう秀吉。

人々を将棋の駒としか見なくなりつつあります。

そうなると、自分に逆らうものは許せないのでしょう。

千利休のその後の運命もこうした流れに巻き込まれたと言えるでしょう。

いや、それにしても、そうした変貌する秀吉を演じる竹中直人の力量はスゴイの一言。

これだけの演技を怪演できるのは竹中直人しかいないんじゃないかと言う感じですね。

こうした変貌する秀吉の失策中の失策と言われる大陸侵攻。

今後はこうした大陸への侵攻も 番組の展開の中で大きな意味を持ちそうな感じがします。

こうした明を攻めるという秀吉の考えに反対する官兵衛は、またまた秀吉に睨まれます。

宇都宮の件といい、秀吉の野望に黒田家も完全に振り回されてますね。

しかし、それ以上に厄介なのは秀吉が官兵衛を非常に警戒していること。

自分の死後、官兵衛が天下を取るのではないかと疑心暗鬼になってます。

一歩間違えると、黒田家もいつ危機に陥るかわからない状況です。

有能なことで警戒され、逆に自分の立場を危うくするということは、今の世でもあることでしょう。

今回、官兵衛は徳川家康と初対面。

こうした徳川との関係も今後、大きな軸になるのは確実で、注目されます。

黒田家にとって秀吉や家康との関係がどう変わ っていくのか、これからも目が離せませんね!

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link


このページの先頭へ