軍師官兵衛39話感想 「跡を継ぐ者は官兵衛??豊臣家との関係で難しい立場になりつつある黒田家…今後どうなる!?」

Sponsored Link

本日の軍師官兵衛のタイトルは「跡を継ぐ者」。

跡を継ぐ者とは一体誰のことか?

いろんな意味を含んでいそうです。

先ずは豊臣秀吉と茶々の間に子供が生まれました。

豊臣家にとっては待望の世継ぎです。

まさに豊臣家にとっては、この赤子こそ「後を継ぐ者」です。

しかし、まだまだ戦国時代が終わったわけ ではなく、世の中が完全に豊臣家のもとでまとまっているわけではありません

豊臣秀吉の亡き後、それに取って代わるものがいるかもしれません。

秀吉が自分のお伽衆に誰が自分に取って代わるかを聞くと、徳川家康、毛利、上杉などの名前が上がりますが、秀吉は違うと否定します。

そして、秀吉が上げた名前はなんと「黒田官兵衛」だったのです。

自分に取って代わる器だとみられている官兵衛。

そうなると、いつ黒田家が警戒され、秀吉によってつぶされるかわかりません。

そうした難しい立ち位置にある黒田家。

官兵衛は機先を制して自らの隠居を願い出ます。

しかし、これは秀吉に拒絶されます。

こうした流れから見て、今回の「跡を継ぐ者」というタイトルにもっともふさわ しいのは官兵衛だと言えるでしょう。

さて、官兵衛の隠居は認められませんでしたが、官兵衛の嫡男、黒田長政が家督を継ぐことは認められました。

こうした点から、黒田家の「跡を継ぐ者」は長政です。

このタイトルに長政も含まれているのも確かでしょう。

また、秀吉や茶々の威光を背景にした石田三成や徳川家康も「跡を継ぐ者」に含まれているという見方も可能でしょう。

こうした複合的な跡を継ぐ者を描き出すことで、今回の話が描かれていたように思います。

秀吉の変貌が嫡子の誕生でますます悪化しつつある中、黒田家も難しい立ち位置になっていってます。

いつ佐々成政のように切腹を命じられるかわからないあやうさにドキドキしながら番組を見てた人も多いと思います。

今後、豊臣家の動向と関連して黒田家の微妙な立場がさらに悪化しそうな気配もあります。

ますます、今後の展開から目を離せませんね!

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link


このページの先頭へ