軍師官兵衛40話感想 北条氏政(伊吹吾郎)は切腹!?後味の悪い天下統一…豊臣家に暗雲が垂れこむ!

Sponsored Link

本日の軍師官兵衛のタイトルは「小田原の落日」。

天下統一を目指す豊臣秀吉にとって、最後に残った敵が小田原の北条氏だった。

北条氏と言えば、関東を支配する大勢力である。

親戚関係にある徳川家康の説得も聞かず、当主の北条氏政(伊吹吾郎)は秀吉に従わずに徹底抗戦を選ぶ。

しかし、秀吉が小田原攻めに動員した軍勢は総勢20万を超える大軍であった。

難攻不落の小田原城を頼って籠城する氏政。

戦を終わらせるために、官兵衛は秀吉の命を受け、北条氏の説得に赴く。

北条氏が降伏すれば、二か国は安堵するという条件であった。

兵糧はたくさん蓄えているものの、いずれは尽きる。

官兵衛の説得が功を奏し、北条氏は降伏した。

しかし、秀吉は二か国安堵の約束を反故にするばかりか、氏政の切腹を命じるのであった。

何とも後味の悪い天下統一の達成…

秀吉の変貌と石田三成の台頭と言う情勢がさらに強まってきている状況がありありとわかります。

天下統一、そして戦のない世の中になるはずが、内部に亀裂が生じつつある豊臣政権。

秀吉の弟、秀長も体調が悪い中、それを憂いています。

結局、官兵衛を敵視する三成が元凶 と言えるわけですが、淀君の権勢が強まる中、問題はより深刻になりつつあります。

今回はこうした内部から亀裂が生じつつある状況が見事に描かれた回だったと言えます。

いずれは何らかの形で暴発する予感がそこかしこに表れています。

軍師と言っても所詮は関白の秀吉には逆らえない立場。

北条氏の処分に対しても、結局は、どうしようもありませんでした。

その悲哀も感じさせる回でした。

明らかに破滅へと向かいつつある豊臣家。

番組の終わりごろの利休の言葉はそれを見抜いているようでした。

そんな状況を眺めながら、虎視眈々と言った風情の徳川家康の動きも見どころといって良いでしょうね。

なんか、鬱な展開が続いています。

霧が晴れるように明るい展開を望みたい ですね。

それは結局は関が原まで待たないとダメなのでしょうか?

さてさてどうなるか、今後の展開が楽しみですね!

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link


このページの先頭へ